【Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー】5,000円以下で買える良コスパワイヤレスイヤホン

最近は価格が安くても使えるワイヤレスイヤホンがたくさん出てくる良い時代になりました。

今回レビューするワイヤレスイヤホンは5,000円以下で買うことができる良コスパワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Liberty Neo 2」をレビューしていきます。

前モデルの「Anker Soundcore Liberty Neo」の進化モデルになります。

外見が結構似ているので間違って購入しないように注意しましょう。

豆腐
こんにちは、豆腐(@tofublog)です

Anker Soundcore Liberty Neo 2の特徴とスペック

Anker Soundcore Liberty Neo 2

まずはAnker Soundcore Liberty Neo 2の特徴をまとめました。

  • 価格5,000円以下
  • ワイヤレス充電可能
  • カナル型ワイヤレスイヤホン
  • 片耳でも使える
  • イヤホンだけで連続10時間使用できる
  • フィット感は抜群
  • 安心のIPX7防水対応
  • アプリ対応
  • 音質は低音強め

上記が「Anker Soundcore Liberty Neo 2」の特徴になります。

価格は5,000円以下でありながらワイヤレス充電にも対応していてイヤホン単体だと最大連続10時間も使うことができます。

機能面は充分すぎる性能と言えます。

スペック

スペックを下記に記載しておきます。

製品名Anker Soundcore Liberty Neo 2
対応コーデックSBC、AAC
Bluetooth規格Bluetooth 5,2
ドライバー8mm
サイズ約8.15×3.65×3.3mm
重さケース:59gイヤホン:6g
再生時間イヤホン:10時間ケース込み:40時間
充電時間約2時間
防水規格IPX7
ワイヤレス充電対応
アプリ対応
価格4,999円

Anker Soundcore Liberty Neo 2の外観

Anker Soundcore Liberty Neo 2

ケースは長方形の細長い形をしていて見た目はプラスチッキー。

手のひらサイズなのでポケットに入れて持ち運びもできるし、カバンのちょっとした隙間でも入れて持ち運びができます。

Anker Soundcore Liberty Neo 2

重さがわずか60グラムと軽いのでなるべく持ち物を持ちたくない人にとっては魅力的です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2

後ろ側には充電用のCポートがあります。

Anker Soundcore Liberty Neo 2

イヤホンはカナル型のワイヤレスイヤホンになります。

イヤーピース

付属のイヤーピースはXS・S・M・L・XLの5種類、さらに耳から外れない為のイヤーウイングがS・M・Lの3種類付属しています。

充電用のUSB-Cケーブル、取説も付属しています。

Anker Soundcore Liberty Neo 2の操作方法

Anker Soundcore Liberty Neo 2は物理タップによる操作が可能です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2
操作方法
  • 左、1タップ
  • 右、1タップ
  • 左、2タップ
  • 右、2タップ
  • 右、1秒長押し
  • 左、1秒長押し

5種類の操作で様々な操作をすることができます。

操作のプリセットは専用アプリで自分好みにカスタマイズすることができます。

プリセット内容
  • 音量小
  • 音量大
  • 次へ
  • 戻る
  • 再生/一時停止
  • 音声アシスタント

全ての動作を設定できるのであとは自分が使いやすいように操作方法を決めるだけなので超簡単です。

これで音楽や動画視聴中でもスマホを触る必要性はゼロになりました。

豆腐
全てイヤホンだけで完結できる

Anker Soundcore Liberty Neo 2はフィット感が抜群で簡単には外れない

Anker Soundcore Liberty Neo 2はフィット感が抜群でちょっとやそっとのことで耳から外れることはありません

Anker Soundcore Liberty Neo 2装着

たまにランニングや筋トレをしている時に使っていますが今のところ1度も外れたことないので気にせず使っています。

ただ両耳で使うと周りの音が聞こえなくなって危ないから運動や散歩などでは片耳での使用をおすすめします

Anker Soundcore Liberty Neo 2

防水性能もIPX7規格になっているので雨や汗などの水が付着しても壊れる心配もなくガツガツ使うことができます。

豆腐
水濡れによって壊れる心配は少ないです

Anker Soundcore Liberty Neo 2は電池長持ちでバッテリー切れの心配なし

ワイヤレスイヤホンの重要な点として上げられるのがバッテリーの持ち時間です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2はイヤホン単体で最大10時間の利用ができます

どんなにいい音楽を聴いていて気分を良くしようとも、友達と長電話しながら楽しい時間を過ごしていてもイヤホンのバッテリー切れた時の無駄な時間&邪魔をされた感は超ストレスです。

これだけ長く使えればまずバッテリー切れで楽しい時間が邪魔されることはありません。

しかもケース込みであれば最大40時間も使うことができるので毎日充電するストレスから解放されます

豆腐
最近はスマホに限らず充電して使う物が多いので充電回数はなるべく少ない方が良いです

Anker Soundcore Liberty Neo 2はワイヤレス充電で簡単充電

価格が5,000円以下でありながらワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電

先ほども説明しましたが、最近は色んな物が充電仕様になっています。スマホ、タブレット、PC、スマートウォッチ、モバイルバッテリーにワイヤレスイヤホンと結構多いです。

そこで便利なのがワイヤレス充電です。

普通であればケーブルを持って差し込むという動作が必要ですがワイヤレス充電であれば、ワイヤレス充電器に置くだけと1ステップで済みます

しかもワイヤレス充電器は基本的に定位置が決まっているのでイヤホンを無くしたり、探す手間が省けるのも良いポイントです。

豆腐
個人的にワイヤレスイヤホンはワイヤレス充電に対応した物がおすすめ

Anker Soundcore Liberty Neo 2は低音強めのドンシャリ感

音質は低価格ワイヤレスイヤホンによくある低音感強めです。

とは言っても音質によほどこだわりがある人でなければ気にはならない音質となります。

さらにAnkerの高価格ワイヤレスイヤホンだけで対応していたアプリによるイコライザー変更ができます。

Anker Soundcore Liberty Neo 2

このアプリを使えば楽曲に合わせたプリセット変更からカスタマイズによる自分好みにすることもできるので価格5,000円以下でありながら幅広く対応できます。

Anker Soundcore Liberty Neo 2のイマイチな点

デメリット

価格5,000円以下なのにイヤホンだけでも10時間も使えて、ワイヤレス充電対応、フィット感も抜群なAnker Soundcore Liberty Neo 2ですが個人的にイマイチと感じた点がいくつかあります。それが以下の内容。

  • Aptx非対応
  • ポケットに入れると意外と目立つ

正直、5,000円以下でありながらそこまで求めるのはわがままだと思いますが一応気になった点です。

まず対応コーデックですがAptxには非対応です。最近は音質も通信品質も良いのでAACでも充分ですが欲を言うのであればAptxに対応して欲しかったです。

次にポケットに入れた時に意外と目立つと言う点ですがケース自体が細長く高さがあるのでこれはしょうがない部分になります。

Anker Soundcore Liberty Neo 2

もちろん持ち運びには適していますが、ポケットに入れると意外と膨らむのでファッション次第ではこの膨らみがスタイルを崩すこともあります。

そんな時は素直にカバンの中に入れて持ち運ぶのが無難です。

Anker Soundcore Liberty Neo 2の口コミ

Anker Soundcore Liberty Neo 2のTwitter上でのネット口コミを載せておくので参考にしてください。

【まとめ】Anker Soundcore Liberty Neo 2は5,000円以下で充分な性能のワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Neo 2のレビューを書いてきました。

5,000円以下でありながらワイヤレス充電、IPX7防水、10時間使えるバッテリー性能とかなり性能が良いです。

通勤、通学や運動中などでよく音楽や動画を見る人におすすめなワイヤレスイヤホンです。

基本性能が高く、ノイキャンなどの機能を必要としてない人であれば充分な性能のワイヤレスイヤホンです。

もしよろしければ参考にしてください。

今回はここまで

豆腐
どうも、豆腐でした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事