コインカ

キャッシュレス化が進む現在。スマホでの決済やカード決済が主流になってもまだまだ現金が必要な場面はたくさんあります。特に小銭がなくて困る場面は多いです。

そこでレビューするのがカードサイズの「COinCA(コインカ)」です。

豆腐
こんにちは。豆腐です。
これでキャッシュレスの小銭問題を解決できる。

【COinCA(コインカ)】の特徴

コインカ開封前

このCOinCAのコインケースですが、普段現金を使う人やキャッシュレスしていても小銭の消費が激しい人にはおすすめしません。

あくまでも現金(小銭)が必要なときに困らないものです。

価格 1,000円前後
製品サイズ 54mm×86mm×3,1mm
製品材質 TPE樹脂(柔らかめのプラスチック)
種類 ・900円 (500円×1枚、100円×4枚)

・90円   (50円×1枚、10円×4枚)

・9円     (5円×1枚、1円×4枚)

クレジットカードとほぼ同じサイズのコインケース。

俺はクラウドファンディングで頼んだのでもう1枚(50円×1枚、10円×4枚)も一緒にゲット。

ほかには(5円×1枚、1円×4枚)収納できる物もあるので欲しい人は全て購入するのもありです。

【COinCA(コインカ)】の良いところ

コインカ本体

購入する前から分かっていたところもありましたが、実際に手に取ってみて分かったこともありました。

色々と触ってみて良かったところを紹介していきます。

電子マネーやクレジットカードが使えなくて困った!という時に使える

これは言うまでもなくですよね(笑)

普段の支払いは電子マネーやクレジットカードを使っているので基本的には現金は使いませんが、自販機や車をパーキングエリアに止めるときはどうしても現金が必要になります。

豆腐
財布はSECRID(シークリット)を使っているのでカード類、お札は問題なし。小銭問題を解決したのがCOinCA。

落としても小銭は外れにくい!だけど取りやすい

届いてからちょっとした落下テストをしてみたところ30㎝ぐらいの高さなら小銭が外れることはありませんでした。ただし1m以上の高さの場合は落ち方によっては小銭は外れる場合があります。

 

取り外すときはちょっと押し込むだけで簡単に外れます。

豆腐
外すときは裏表関係なく外せるのがいい。

財布や手帳のポケットに収まるサイズ

コインケースのサイズがクレジットカードと同じサイズなので財布のポケットに簡単に収納することができます。

財布だけではなく手帳に入れておくことで、いざ財布を忘れた場合でも困りません。

豆腐
コンパクトサイズだからCOinCAが増えたところで荷物にはならない。

小銭の数が一目でわかる

買い物をしたときに小銭入れの部分を覗いたら「小銭だけで支払いができそう」なんて思ってお金を出したらちょっと足りなかったなんて経験は誰にでもあります。

COinCAを使えばそんなことはもうなくなります。

豆腐
無駄に多くの小銭を持ち歩く必要はほとんどなし。持ちすぎるとついつい無駄な買い物に使うだけ。

散歩やランニング中はポケットに収納。小銭のジャラジャラ音を気にしなくていい

ちょっとした散歩やランニングでカバンやバック持ちたくないけど水分補給のために小銭は必要。

そんな時に小銭入れを持つ人はたくさんいますが、気になるのが小銭のジャラジャラ音。

小銭1枚1枚が固定される上に素材がTPE(柔らかめのプラスチック)素材なので多少のランニング程度なら音は全く気になりません。

豆腐
俺はランニングする時にこのジャラジャラ音がかなり気になってた。この2枚持つだけで解決。

【COinCA(コインカ)】の欠点

 

小銭の管理や収納にピッタリのCOinCAだけどもちろん欠点はある。

欠点を知っておかないと購入後に後悔する可能性もあるので理解しておきましょう。

財布の中にカードがたくさん入っていると取り出しづらくなる

サイズがクレジットカードサイズでも、小銭を収納する以上は厚みがあります。

カード類を常にたくさん財布の中に入れる人は、カードポケットに入れてしまうと厚みで取り出しづらくなります。

持てる金額は決まってしまう

どうしてもこのカード1枚に収納できる金額は決まってしまうので小銭が必要な場面が何度もあった場合は対応しきれません。

豆腐
ほぼ可能性はないが、こればっかりは自己責任。
事前にチェックして必要そうなら別で多めに小銭を持って回避するしかない。

おつりによっては対応できない

例えば900円収納できるCOinCAケースしか持っておらず、450円支払う必要が合ったらおつりは50円出てきてしまうのでケースに収納できません。

豆腐
こんな時のために、900円用と90円用の2種類買っておくのもいいでしょう。(俺はそうした理由で2種類購入)

炎天下のところに置いておくと変形する可能性がある

素材が柔らかめのプラスチック樹脂なため、炎天下のところに置いておくと熱で変形したり変色したりするので注意が必要です。

豆腐
車の中はアウト。俺もそこに置いとけばいいかと考えてたけど変形したり変色するのは嫌なのでやめた。

【COinCA】現金が必要なときのいざという場面で大活躍【まとめ】

いかがでしたか?

今までの内容を振り返ると

COinCAのコインケースはクレジットカードサイズで販売されているのは3種類

  • 900円 (500円×1枚、100円×4枚)
  • 90円   (50円×1枚、10円×4枚)
  • 9円     (5円×1枚、1円×4枚)

良かったところは

  • 小銭が必要なイザというときに助かる。
  • 落としても外れにくいけど取り出しやすい。
  • 財布や手帳のポケットに収まるサイズ。
  • 小銭の数が一目で分かる。
  • 散歩やランニングにピッタリ。ジャラジャラ音も気にならない。

となります。

逆に欠点は

  • 財布にカードがたくさん入っていると取り出しづらい。
  • 持てる金額は決まってしまう。
  • おつりが多く出ると対応できない。
  • 炎天下(車の中など)に置いておくと変形・変色の可能性あり。

となります。

COinCAのカードケースはあくまでもキャッシュレスしてる人、運動をする人向けです。

まだ現金が必要な場面は多いので小銭をどうするか悩んでる人は1度検討してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事