UQモバイルは本当におすすめ?1年以上使ってみて分かったデメリット

格安SIMのUQモバイルにデメリットはないの?
使っている人の本音が聞きたい

こんな悩みを解決します。

数ある格安SIMの中でもUQモバイルは満足度の高い格安SIMです。

UQモバイル 満足度No1

出典:UQ mobileが選ばれる7つのポイント

この満足度の高さの理由は格安SIMなのにキャリアと変わらない通信速度が出て、料金が安いからです。

そんな満足度の高い格安SIMですが、デメリットはどのようなものがあるでしょう?

自分もUQモバイルを使っていて1年以上経過しています。

メリットばかりが目立つUQモバイルですが、実際にUQモバイルを1年以上使って実際に感じたデメリットを紹介します。

本記事で分かること
  • UQモバイルのデメリット8つが分かる
  • デメリットを理解しておけば対策もとれる

では解説していきます。

UQモバイルは本当におすすめ?1年以上使ってみて分かったデメリット8つ

スマホを見て驚く女性

先に結論からいうと、「UQモバイルにもデメリットはあるけどそれよりもメリットの方が大きく使いやすい格安SIM」です。

デメリットがあるのにオススメなの?と疑問に思うでしょうが、どんなに優れた物やサービスでもデメリットは存在します。

しかしデメリットがあるとはいえ、UQモバイルは圧倒的にメリットの方が大きい格安SIMです。

それを踏まえた上で、UQモバイルを1年以上使って分かったデメリットは8つあります。

  1. 他の格安SIMと比べると料金は高め
  2. 3G回線は使えない
  3. 低速通信モードから高速通信モードに切り替えるときに上手くいかない
  4. 最新のiPhoneとセット購入はできない
  5. 家族同士の無料通話がない
  6. 1人で契約すると家族割が適用されない
  7. スマホのデータ移行は自分で行う必要がある
  8. キャリアメールが使えなくなる(UQモバイル専用のメールアドレスはあるけれど...)

以上の8つになります。

契約時に感じたデメリットや普段使っている時のデメリットと契約してみて分かることがありました。

では1つずつ分かりやすく解説していきます。

他の格安SIMに比べると料金が高め

UQモバイルは格安SIMの中でもデータ通信は安定していて速いですが、料金は他の格安SIMと比べると高めです。

これは契約する前から分かることですね。他の格安SIMと比べると500円~1,000円程度の差があります。

ギガ プランS 音声通話オプション 合計金額
UQモバイル 3GB 1,980円 1回/10分以内かけ放題(700円) 2,680円
Y!mobile 3GB 1,980円 1回/10分までなら無料 1,980円
楽天モバイル 2GB 1,480円 1回/10分までなら無料 1,480円
LINEモバイル 3GB 1,480円 1回/10分以内かけ放題(880円) 2,360円

※この比較表はある程度比較しやすいように似た条件を想定しているので、選択するプランやオプションで金額が変わることがありますので注意してください。

UQモバイルが2,680円に対して、1番安い楽天モバイルが1,480円です。その差は1,200円もあるので1年間で換算すると14,400円となります。

人によってはこの金額は大きな差になるでしょうが、自分は通信速度の安定を優先しているのとキャリアを使っていた頃よりも安くできているのでそこまで気になりません。

UQモバイルは他にもかけ放題プランがあるので気になる方は以下の記事も読んでみてください。

3G回線は使えない

UQモバイルだけではありませんが格安SIMの多くは3G回線に対応していません。

UQモバイルはauの4G通信ができる所であれば通信できます。しかし4Gにしか対応していないので、山奥など通信環境の悪いところだと県外になってしまう可能性があります。

自分の住んでいる地域も田舎ですが、実際に圏外になったことはありません。が、旅行の際は圏外になる可能性があるので覚えておきましょう。

もし不安であればサービスエリアマップで確認してみてください。

低速通信モードから高速通信モードに切り替える時に上手くいかない

SNSデータ消費ゼロ

出典:SNSデータ消費ゼロ!データ容量繰り越しでムダなくおトク!

UQモバイルの大きな特徴(メリット)の1つ。

高速通信モード/低速通信モード(節約モード)の切り替えでデータ消費ゼロにする方法。

凄く便利でデータ消費の節約に助かっていますが、低速通信モードから高速通信モードに切り替える時に上手く切り替わらないときがあります。これは通信速度が遅い節約モード中だからおきる現象です。

毎回なるわけではありませんが、少し時間を空けたり、もう一度試すと高速通信モードに切り替わりますが、ちょっとめんどくさい点ですね。

でも節約モードはYouTubeを見たりと使い勝手がいいのでこのデメリットはちょっと気になるな~程度です。

最新のiPhoneとのセット購入できない

UQモバイルのような格安SIMはキャリアの時と違い、最新iPhoneセットで購入するということはできません。

スマホとセットで購入するのであれば販売されているスマホ(iPhone/android)の中から選ぶしかありません。

もし最新のiPhoneをUQモバイルで使いたいのであれば、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入してSIMカードはUQモバイルで契約という形になります。

家族同士の無料通話はない

UQモバイルにはキャリアのような「家族割に加入していると家族間の通話無料」というサービスはありません。

なので家族同士の通話もLINEFaceTimeといったアプリでの通話の方がいいでしょう。

1人で契約すると家族割が使えない

1人での契約の場合は家族割が適用されません。

もっと詳しく言うと、契約した1台目のスマホは家族割が適用されません。2台目からは家族割が適用されます。

つまり1人で1台のスマホをUQモバイルで契約しても家族割は適用されないので自分が想定していた金額よりも高くなってしまうかもしれません。

スマホのデータ移行は自分で行う必要がある

UQモバイルに限らず格安SIMの場合は自分でデータの移行を行う必要があります。

連絡先のデータ移行などはキャリアの場合、ショップ定員が教えてくれたりしていましたが、格安SIMの場合はほとんど自分で行う必要があります。

しかし最近は技術の進歩でだれでも簡単にデータ移行できるようになってきているのでそこまで難しいことではありませんよ。

キャリアメールが使えなくなる(UQモバイル専用のメールアドレスはあるけど...)

キャリアの時は無料でキャリアメールがついてきてました。(〇〇〇@ezweb.ne.jpなど)

しかし格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。

そこで変わりのメールを準備する必要があります。

UQモバイルでも専用のメールアドレスを取得できますが、月額200円かかります。

自分は少しでも出費を減らしたかったのでフリーメールの【Gmail】を使っています。

UQモバイルにもデメリットはあるが、メリットの方が大きくオススメ【まとめ】

スマホやノート、ペン

いかがでしたか?

今までの話をまとめるとUQモバイルには8つのデメリットがあります。

  1. 他の格安SIMと比べると料金は高め
  2. 3G回線は使えない
  3. 低速通信モードから高速通信モードに切り替えるときに上手くいかない
  4. 最新のiPhoneとセット購入はできない
  5. 家族同士の無料通話がない
  6. 1人で契約すると家族割が適用されない
  7. スマホのデータ移行は自分で行う必要がある
  8. キャリアメールが使えなくなる(UQモバイル専用のメールアドレスはあるけれど...)

以上の8つが実際に1年以上UQモバイルを使ってみて分かったデメリットです。

今、紹介したデメリットの中には他の格安SIMでもあるデメリットも存在しますがどれもそんなに致命的なデメリットではありません。

UQモバイルは他の格安SIMに比べたらデメリットも少なく、むしろメリットの方が大きい格安SIMです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事