ワイヤレスイヤホン

 

ワイヤレスイヤホンの多くはカナル型が多く、耳の圧迫感が苦手という人も多いです。

豆腐
カナル型ではかなりコスパのいいAnker Soundcore Life P2をレビューしたけどインナーイヤー型は?と思って探してみました。

今回は【yihaiのS5 ワイヤレスイヤホン】をレビューします。特別音質にこだわりがないのであれば問題なく使えるワイヤレスイヤホンです。

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】スペックと付属品

付属品

yihaiのS5ワイヤレスイヤホンは値段が5,000円弱で購入できます。

5,000円なのにタッチセンサーでさらに防水機能が付いていて、片方での使用も可能です。

スペック

Bluetooth規格5.1
通話時間3.5時間
再生時間5.5時間
CVC8.0ノイズキャンセル通話時のみ
防水機能IPX7
対応コーデックAAC
充電端子USB type-C

5,000円でこれだけついているならかなりのコスパが高いワイヤレスイヤホン。

しかもインナーイヤー型なので耳への負担がかなり少ないです。

豆腐
充電端子がUSB type-Cなのもかなりいいポイント

付属品はケースを収納する為の袋USB type-Cケーブル取扱説明書

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】操作方法

ワイヤレスイヤホン開く

yihai S5ワイヤレスイヤホンはタッチセンサー付きで簡単に操作ができます。

音楽を聞く

音楽再生・一時停止左右のどちらかを1タッチ
次の曲右側を2秒タッチ
前の曲左側を2秒タッチ
音量を上げる右側を連続2回タッチ
音量を下げる左側を連続2回タッチ

通話の場合

通話開始・終話左右のどちらかを1タッチ
着信拒否左右のどちらかを2秒タッチ

豆腐
基本的にイヤホンだけでの操作が可能です。

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】カナル型で耳のダメージが少なく、外れにくい

ワイヤレスイヤホン片方

カナル型はインナーイヤー型と違い耳にひっかけるような形になるので長時間使用していても耳が疲れにくいです。

さらに話しをしたり笑ったりすると耳から落ちるというインナーイヤー型とは違い、多少の動きなら全く落ちる心配がありません。

豆腐
ジムでのトレーニングや筋トレ程度なら全く問題なし

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】軽くて小さい上に20時間も使える

本体ケース

本体ケースはかなり小さく、Air Podsほどの大きさです。

本体ケース重量

重量は本体ケースで37g

イヤホン重量

片方のイヤホンだけで4g

豆腐
かなり軽いのでカバンの中でもポケットに居れていても邪魔にならない。

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】IPX7防水なのでスポーツ中の使用でも問題ない

夕日の中走る女性

IPX7の防水性能があればジムのトレーニングやランニングして汗をかいても問題は特にありません。

さすがにお風呂などでの使用は控えたほうがいいです。

いくら防水規格がIPX7でも湿気は別問題です。

豆腐
ワイヤレスイヤホンを使う目的って有線の場合、線が邪魔だから使う人の方が多いし自分も筋トレの時に使っているので防水機能は必須だよね。

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】通話での使用も問題なし

スーツを着た男性が人差し指を立てている

実際に何度かLINE通話で試してみましたが普通に使えています。

通話時はノイズキャンセリングがあるので相手にもクリアな音声が伝わります。

豆腐
友達と電話する時にワイヤレスイヤホンはすでに必須。

【yihai S5ワイヤレスイヤホン】欠点は3つ

デメリット

ここまで良いところを説明してきましたが、もちろん欠点も存在します。

欠点は3つ。

  • ケースの見た目はチープ
  • 音量が大きすぎると音漏れする
  • 無線充電非対応

欠点1:ケースの見た目がチープ

ケースの見た目に関してはおもちゃのようなチープ感があります。

ケースなんて外に出しておくことはほとんどないけど、安っぽさは否めない。

欠点2:音量が大きいと音漏れがする

インナーイヤー型すべてに共通する欠点です。

よっぽど大音量で聞かない限りは問題ないので音量には気を付けよう。

欠点3:無線充電非対応

5,000円で無線充電まで求めるのは無理があるのは分かっているけど、気持ち的には対応して欲しかった。

yihai S5ワイヤレスイヤホンは欠点さえ理解していればコスパがいい【まとめ】

5,000円で防水機能・片側での使用も可能、音質にこだわらなければとくに問題はありません。

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンはかなり少ないのでAir Podsが強いですが安くてコスパの高いのを求めているなら【yihai S5ワイヤレスイヤホン】を使ってみたらいいですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事