OPPO Reno7 Aが6月23日発売!長く使えるがコンセプトのスマホ
新しいRenoシリーズのスマホが発表されたけど、今までと何か変わった所はあるの?
豆腐
OPPO Reno7 Aだね。前モデルと比較しながらスマホの解説していくね

こんにちは、豆腐です。

OPPO Reno7 Aは人気のRenoシリーズ最新ミドルレンジスマホです。

発売日は2022年6月23日、定価は44,800円。

本記事で分かること
  • OPPO Reno7 Aについて
  • 前モデルOPPO Reno5 Aとの比較
  • おすすめな人

OPPO Reno7 Aが6月23日発売!ライトユーザーにピッタリなスマホ

OPPO Reno7 A

OPPOの新しいミドルレンジスマホOPPO Reno7 Aが6月23日に発売が決定しました。

コンセプトは長く使えるスマホ。

デザインは一新され高級感が感じられるデザインに変わっています。

後で詳しく説明しますが、前モデルであるOPPO Reno5 Aよりも性能が下がっている面もあります。

おそらくOPPO Reno7 Aの性能を下げても問題ない部分をあえて下げる事によってスマホの軽さや使い勝手を向上させています。

むしろライトユーザーにとっては前モデルよりもピッタリなスマホとも言えます。

その辺の詳しい解説は後で説明するとしてまずはスペックのチェックです。

ミドルレンジのスマホとしては十分なスペックと言えます。

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aのスペック比較

OPPO Reno7 AOPPO Reno5 A
カラードリームブルー
スターリーブラック
アイスブルー
シルバーブラック
バッテリー容量4,500mAh4,000mAh
充電速度最大18W最大18W
OSColorOS 12ColorOS 11
CPUQualcomm snapdragon 695 5GQualcomm snapdragon 765G
内部メモリRAM 6GB / ROM 128GBRAM 6GB / ROM 128GB
外部メモリmicroSD最大1TBmicroSD最大1TB
デュアルSIM対応対応
ディスプレイサイズ約6.4インチ約6.5インチ
ディスプレイ有機EL液晶
リフレッシュレート90Hz90Hz
重量約175g約182g
アウトカメラ約4,800万画素(広角)
約800万画素(超広角)
約200万画素(マクロ)
約6,400万画素(広角)
約800万画素(超広角)
約200万画素(モノクロ)
約200万画素(マクロ)
インカメラ約1,600万画素約1,600万画素
BluetoothBluetooth5.1Bluetooth5.1
スピーカーモノラルモノラル
イヤホンジャック対応(3.5mm)対応(3.5mm)
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
背面指紋認証
顔認証
防水/防塵IPX8 / IP6XIPX8 / IP6X
おサイフケータイ対応対応
システム劣化防止機能対応非対応
価格44,800円(税込)43,800円(税込)

ぶっちゃけスペックを比較したときに大きな進化点はありません。

むしろカメラ性能は下がっています。

最近のスマホはオーバースペックな点が多いので逆にカメラ性能などを抑えて価格もおさえているのでしょう。

大きいのに軽くバッテリー容量も増えた

大容量バッテリー

最近のスマホは大きくてバッテリーは大容量、そして重い!というのが鉄板でした。

しかしOPPO Reno7 Aは6.4インチの有機ELディスプレイ、バッテリー容量は4,500mAhでありながら重量は175gと最近のスマホにしたらかなり軽いです。

スマホは片手で使う人も多いから軽ければ軽い程良いですよね。

InstagramにTwitter、YouTubeにゲームと現代人にとってスマホを触る時間はかなり長いです。

たった数グラムですが長時間使えば使うほどストレス度合が変わります。

豆腐
軽いは正義

必要な機能はほぼ搭載している

スマホを使う女性

Reno7 Aは必要な機能のほとんどを搭載しているスマホです。

防水・防塵は安心のIP68、指紋認証・顔認証、バッテリーは4,500mAhと十分な容量、イヤホンジャック搭載、おサイフケータイも使える。

カメラも4,800万画素もあるので十分綺麗に撮影できます。

これだけ使えればライトユーザーには合格点だと思います。

ただ全てが良いというわけではありません。

個人的にはステレオスピーカーであれば音楽や動画視聴がもっと快適になったのに残念でしかないです。

豆腐
唯一、残念なのがモノラルスピーカー

OPPO Reno5 Aを使っている人はわざわざ買い替える必要はない

前モデルのReno5 Aを使っている人はわざわざ買い替える必要があるかと言えば正直無いと思います。

まだ使っていて不便がないのであれば無理に買い替える必要はありません。

逆にバッテリーが持たなくなった、動作がおかしい、長期で使っていてそろそろ買い替えを考えているという人にとってはおすすめです。

Reno7 Aは特に日常使いでは特に問題はないです。

性能的に今買っても最低2年間は使える性能と言えます。

新しく36ヵ月システム劣化防止機能もついているので長く使えることでしょう。

LINE、メール、電話、SNS、動画視聴、ゲームで使う分には特にストレスに感じることはないでしょう。

ネットユーザーの評価

TwitterでのOPPO Reno7 Aに対する評価をまとめました。

発売前から安くなっている

Amazonや通信事業各社、発売する前からSAILをしています。

Amazonではイヤホン付セットが発売されていたり、格安SIMのIIjmio、YモバイルではMNP限定で2万円以上の割引になっています。

豆腐
お得なセールを利用してOPPO Reno7 AをGETしましょう
Y!mobileオンラインストア IIJmio

買って後悔しないスマホであることは間違いない

Twitterなどのネットユーザーの意見をみているとネガティブなコメントが多いような印象を受けます。

ただデザインの高級感が増したこと、日常使いに問題がないこと、軽くて必要な機能は搭載している、長く使えることをコンセプトにしている。

日常で使う分にはまったく問題のない性能なので買って後悔する人は少ないでしょう。

今回はここまで。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事