【Anker PowerExpand+ 7-in-1 レビュー】iPad Pro / iPad AirにおすすめなUSBハブ

iPad Pro / iPad Airはめちゃくちゃ便利でイラストや画像編集、動画編集もできるほど優れています。

ただもっとiPad Proを便利に使うために必要になってくるのがUSBハブです。

iPadをより使い事こなす上では必須アイテムと言えるでしょう。

そこでおすすめするのが今回レビューするAnker PowerExpand+ 7-in-1です。

豆腐
こんにちは、豆腐(@tofublog)です

Anker PowerExpand+ 7-in-1の特徴

Anker PowerExpand+ 7-in-1

Anker PowerExpand+ 7-in-1は7つのポートが付いているUSBハブになります。

これ1つ持っていれば外部接続での悩みはほぼ解決されます。

Anker PowerExpand+ 7-in-1の特徴を下記にまとめました。

  • USB-Aポートを2つ搭載
  • SDカードスロット搭載
  • microSDカードスロット搭載
  • HDMIスロット搭載
  • 給電用USB-Cポート搭載
  • 有線接続もできる
  • いろんなデバイスで使える
  • 持ち運びに適したサイズ

ではこれからさらに詳しくレビューしていきます。

Anker PowerExpand+ 7-in-1の外観と内容物

Anker外箱

外箱はAnker特有のシンプルな箱。

内容物

内容物はUSBハブ本体、ポーチ、取扱説明書が入っています。

Anker PowerExpand+ 7-in-1

本体デザインはシンプルな長方形型でカラーリングはグレー、Ankerのロゴが入っています。

本体の大きさはコンパクトで軽量です。

USBハブとiPhone12mini大きさ比較

分かりやすいようにiPhone 12 miniと比較してみましたがそれよりも小さいです。

USB-Cケーブル

接続部分はUSB-Cケーブル。

ケーブル

ゴム製で簡単に断線するような心配はありません。

USB-Aポート

本体正面にはUSB-Aポートが2つ付いています。

転送速度は5Gbps、USB規格はUSB3.0。

Anker PowerExpand+ 7-in-1

本体裏側にはHDMIポート、SDカードスロット、microSDカードスロット、充電用USB-Cポートが付いています。

注意点としてiPad Airの場合はSDカードとmicroSDカードの同時使用はできなくて先に接続した方が優先されます

Anker PowerExpand+ 7-in-1

左側にはイーサーネット端子(有線接続端子)があります。

Anker PowerExpand+ 7-in-1

持ち運び用の専用ポーチはケーブル収納もできるようになっています。

ただ専用ポーチが柔らかめの布で出来ているからケーブル収納時に少しひっかりがあります。

スペック

Anker PowerExpand+ 7-in-1のスペックを下記に記載。

製品名Anker PowerExpand+ 7-in-1
カラーグレー
サイズ約117×53×16mm
重さ約140g
端子USB-A×2
USB-C(データ転送用)
USB-C(充電用)
HDMI(4K)
SDカードスロット
microSDカードスロット
有線接続用端子

Anker PowerExpand+ 7-in-1は持ち運びに最適なUSBハブ

Anker PowerExpand+ 7-in-1

Anker PowerExpand+ 7-in-1はサイズもコンパクトで軽量なので持ち運びに最適なUSBハブです。

普段は自宅で使っていて職場やカフェで作業する時はカバンに忍ばせておけばOKです。

大きさもスマホ以下だからカバンの中を圧迫することがありません。

一体型のUSBハブじゃないからiPadにおすすめ

Anker PowerExpand+ 7-in-1

Anker PowerExpand+ 7-in-1はiPadに最適なUSBハブになっています。

その理由はケーブル型USBハブだからです。

USBハブはざっくりと分けると3種類あります。

デバイスに一体型のUSBハブ、ケーブルで接続するUSBハブ、デバイスに付くケーブル接続するタイプのUSBハブの3種類。

そしてiPad ProはMagic Keyboardを使えばPCのように文字入力にしやすくなったり、Apple Pencilを使えばイラストを描いたりメモする事ができます。

iPadは色んな事ができる故に一体型のUSBハブだと干渉したり、Apple Pencilを使おうとすると時に邪魔になったりします。

だからこそケーブル型のUSBハブの方がiPadにはおすすめです。

豆腐
iPadは色んな形で使えるからこそケーブル型がいい

20W以上の電力供給が必要

Anker PowerExpand+ 7-in-1は繋いだUSBケーブルから電力供給で稼働するUSBハブです。

これによってAnker PowerExpand+ 7-in-1を繋いだ状態でデバイス本体を充電すると20W分USBハブに取られます。

60W給電の場合、20WはUSBハブに電力供給され、残りの40Wで本体充電されます

Anker PowerExpand+ 7-in-1をデバイスに接続したまま充電すると20W取られるので本体の充電スピードが下がります。

例えで60W給電にしましたが、充電器の最大W数自体が少なければもっと充電速度が下がる事もあるので注意してください

Anker PowerExpand+ 7-in-1のネット口コミ

Anker PowerExpand+ 7-in-1のネット口コミをまとめたので参考にしてください。

Anker PowerExpand+ 7-in-1がおすすめな人

Anker PowerExpand+ 7-in-1がおすすめな人の特徴をまとめました。

  • データの移行を頻繁に行う人
  • 外部接続をする人
  • 現状のポート数が足りない人
  • 複数のデバイスを持っている
  • 仕事でPC、iPadを使う人

こんな特徴がある人はAnker PowerExpand+ 7-in-1の購入をおすすめします。

【まとめ】iPad Pro / iPad AirにおすすめなUSBハブ

Anker PowerExpand+ 7-in-1のレビューでした。

7つのポートがあってこれ1つあればiPad Pro / iPad Airがもっと便利に使うことができます。

iPadに限らず、WindowsにMacBookでも使うことができるのでこれ1つで作業をカバーしてくれます。

では今回はここまで

豆腐
どうも、豆腐でした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事