iPhoneは高い!それイメージだけで言ってませんか?実は安くなってる!

スマホを買い替えしようとしたときににやはり気になるのはスマホの金額です。

iPhoneは毎年、新機種を発表しておりiPhoneユーザーはその新機種の発表のタイミングで機種変更している人も多いです。

しかしiPhoneも安い買い物ではありません。

iPhoneはだんだんと高くなっている!そんなイメージがあります。

でも実際に比べて見るとそんなに高くないですよ!

iPhoneの価格から分析

iPhoneはだんだんと高くなっていると感じてる方が多くいますがそんなことはありません。

じつは安くなっているんですよ!

iPhone6(2014年) 16GB 79,800円(税別)
64GB 89,800円(税別)
128GB 99,800円(税別)
 
iPhone11(2019年) 64GB 74,800円(税別)
128GB 79,800円(税別)
256GB 90,800円(税別)

この表を見てすぐに気付く人は多いでしょうが、同じ64GBで比べてもiPhone6の当時価格に比べて、iPhone11の方が1万5千円安くなっています。

128GBを比べた場合は更に2万円も安くなっているのです。

5年経過してスペックは上がっているのに金額は下がっているのです!

もちろんiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxなどのシリーズは10万円以上します。

ただぶっちゃけて言うとそんなに高いスマホを買う必要はないです!(笑)

豆腐メンタル
僕みたいなガジェットオタクがロマンを求めて買ったり、そういうハイスペック好きが買うようなレベルです!
普段LINEやちょっとした電話。
SNSなどで使う程度なら10万円以上出して買う必要は全くないのです。

iPhoneXの存在!

豆腐メンタル
実はiPhoneXの発売によりiPhoneが高いと言われることが加速しました。
良くも悪くもiPhoneXの時にそれ以降のシリーズであったホームボタンの廃止。
それによるデザインの変更。
指紋認証に代わる顔認証システムの導入
そして価格!
そして価格!
そして価格!です(大切な事なので3回言いました)

iPhoneXの価格

  • iPhoneX 64GB・・・112,800円
  • iPhoneX 256GB・・・129,800円

やっぱり今見ても高い!(笑)

のちにiPhoneXrやXsとシリーズが新たに発売されますが、この高いイメージがついたことにより未だにiPhoneが高いと思われている原因の1つでしょう。

大手キャリアの割引率

昔はよく、実質0円!と広告やCMを見かけたと思います。

ただ今は新規契約、MNP乗り換えによる割引額が最大2万円と総務省から新たな省令案が出ているため、今までキャリアで分割購入していた人は特に高く感じるようになったのです。

豆腐メンタル
この実質0円て言われていた割引。
じつは多くの人が勘違いしてる事なんだよね。

今回は余り詳しくは説明しませんが実質0円と言うマジックに結構な人が騙されています。

スマホ本体料金が割引になっているのではなく通信費に割引が適用されているだけで本体代はしっかり全額払っています。

それでも高いと思うなら

例えば新しいiPhoneに2年間ペースで機種変更したいならさっさとキャリアから格安SIMに変えるべきです!

大手キャリアから格安SIMに変えるだけで毎年60,000円近くの節約が可能です。

1年間で60,000円も通信費が安くなるなら2年間でスマホ本体買い替えしたとしても結構余裕だと思いますよ!

豆腐メンタル
格安SIMのことならこの記事も読んでみてね!
格安SIMってなに?なぜ安いの?格安SIMのメリット、デメリットは?

最後に

iPhoneは高い高いとよく言われていますが、それはキャリアで全ての契約をして毎月の料金が上がっているからそう思うのです。

もちろんスペックの高いのを買えば金額は自ずと上がります。

しかし

本体料金、通信費を分けてしっかり考えると実はスマホ本体の高さではなく、通信費の高さの方がどんどん上がっているのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事