povo登場

docomoから発表されたahamo。

それによってauからも新しいプラン、povo(ポヴォ)が発表されました。

楽天モバイルも含めた4キャリアで比較してどこがお得でおすすめなのかを解説していきます。

豆腐
こんにちは、豆腐です

auからポヴォが登場!料金は20GBで2,480円!

povo

まず比較する前にポヴォの詳しい料金内容をまとめました。

povo
月額料金2,480円
容量20GB
通話料20円/30秒
回線4G/5G
契約方法オンライン
特徴トッピング

上記がpovoの料金プランです。

docomoから登場したアハモと同じようにオンライン限定での契約になります。

トッピングという名の新しいシステム(ほぼオプション)

povoトッピング

docomoのahamo、SoftBankのLINEと違ってpovoはトッピングという新しいシステムがあります。

分かりやすく言うとオプションみたいな物と思えばいい。

2021年1月13日現在でわかっているトッピングは2つ。

  • +500円で5分間かけ放題
  • +200円で24時間限定データ使用料無制限
  • +1,500円で通話かけ放題
  • 500円で1GB追加

この4つです。

特に「500円で5分かけ放題」「200円で24時間データ無制限」は多くの人に関わりがあるトッピングになります。

5分かけ放題をつけると横並びの金額

大手キャリアあるあるですが、大手キャリアは料金が横並びになることが多い。

povoも5分かけ放題をつけると2,480円+500円=2,980円と他のキャリアと横並びになります。

とは言っても5分かけ放題が選択式なので、電話の頻度が少ない人、基本の連絡がLINEの人はpovoの方が年間計算で安くなります。

豆腐
年間最大で6,000円も安くなる

24時間限定(200円)でデータ無制限はかなり限定的

24時間限定ですが、200円追加するとデータ無制限で使えるようになります。

注意が必要なのが24時間限定であること。

24時間経過後は通常のデータ消費なので注意してください。

豆腐
勘違いする人も少なからず出ると思っています

4キャリアで比較

実際にpovo、ahamo、SoftBank on LINE、楽天モバイルで比較してみました。

povoahamo LINE楽天モバイル
月額料金2,480円2,980円2,980円2,980円
容量20GB20GB20GB無制限
通話+500円5分無料5分無料無制限
回線4G/5G4G/5G4G/5G4G/5G
契約方法オンラインオンラインオンライン店舗オンライン
特徴24時間無制限(200円)海外ライン無制限1年間無料

月のデータ使用量が20GBで5分のかけ放題を基準にすると4社とも横並びになります。

楽天モバイルは店舗でもオンラインでも契約することができます。

現状のおすすめはahamo・povo

現段階でのおすすめはdocomoのアハモ、auのポヴォがおすすめです。

その理由をそれぞれ解説していきます。

povoがおすすめな理由

povo

まずおすすめなのがauのpovo。

docomo、SoftBankと順に2,980円プランを発表して最後のauは2,480円と2社に比べて500円安いです。

豆腐
え?5分かけ放題をつけたら一緒だって?

その通り5分かけ放題をつけると料金は全く同じですが、5分のかけ放題が選択できるというのはかなりメリットです。

豆腐
かけ放題がいらない人にとっては最良のプランと言える

選初めはかけ放題が必要だったけど、数ヶ月後に必要なくなった。なんてこともあります。

そんな時に好きなタイミングでトッピングを解除できるのはメリットになります。

1ヶ月500円の差額は地味に大きい

ahamoがおすすめな理由

ahamo

ahamoがおすすめな理由は1つ

  • 印象がとにかく良かった

docomoは1番初めにahamoを発表しています。

その時のインパクトが残っている人は多いでしょう。

豆腐
初めに発表したということもあって、docomoの評価がめちゃくちゃ良くなりました

料金が同じであれば評判の良さも決め手の1つになります。

SoftBank on LINEは微妙に感じる

SoftBank on line

逆にSoftBank on LINEはちょっと微妙感じます。

理由としては料金内容はahamoと同じで、違う点は LINEのデータ通信が無制限ということだけ。

正直、 LINEのデータ使用量なんてほんの少ししかありません。

豆腐
合っても無くても大した恩恵はない

サービスではpovo、印象ではahamoに負けてしまっているのが現状です。

豆腐
今後の展開に期待です

楽天モバイルはピンチ

楽天モバイル

1番ピンチなのは4キャリアの中で楽天モバイルです。

月額料金は2,980円で1年間無料、店舗でもオンラインの契約も出来るので1番良く見えます。

ですが、

MNOになったばかりの楽天モバイルは基地局が足りません

基地局が足りない。つまり圏外になってしまうということです。

豆腐
いくら安くても通信できなければ意味がない

楽天モバイルには頑張ってほしい

基地局が足りない楽天モバイルですが、まず楽天が2,980円という料金を提示していなければ今頃ahamoはもっと高い金額になっていたでしょう。

豆腐
楽天モバイルは3キャリアに大きな影響を与えていると言えます

確かに基地局の問題は大きいですが、それも時間と共に解消していくと考えられるので今後に期待です。

3月まで時間はあるからそれまでに決めればいい

povo、ahamo、SoftBank on LINEが使えるのは3月からになります。

まだ時間はあるので決めるのはもう少し先でも良いでしょう。

楽天モバイルには今後、基地局拡大に期待です。

  • povoはかけ放題が選択式
  • ahamoは良い印象が強い
  • SoftBank on LINEはLINEのデータ通信が無制限
  • 楽天モバイルは今後に期待

もし決定打がなくて迷っているなら今使っているキャリアの物を選ぶのが良いですよ。

豆腐
どうも、豆腐でした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事