TruAir2

最近のワイヤレスイヤホンは安価で性能も良く使える物も多くなりました。

ワイヤレスイヤホンはカナル型とインナーイヤー型の2種類合って、耳に負担の少ないインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンを使っている人も多いです。

そこで本記事ではSoundpeats(サウンドピーツ)のインナーイヤー型のワイヤレスイヤホン【SoundPEATS TruAir2】を実機レビューします。

価格は5,000円以下とかなり安いです。

豆腐
こんにちは、豆腐です

SoundPEATS TruAir2はライト使いなら十分なワイヤレスイヤホン

TruAir2

最初から結論を言ってしまうと SoundPEATS TruAir2はライト使いなら十分に使えるワイヤレスイヤホンです。

細かい話はもう少しあとで解説しますが、通勤や通学中に音楽を聞いたり家での作業や音声サービスを使った勉強に使うには十分すぎるぐらいコスパの高いワイヤレスイヤホンになっています。

 SoundPEATS TruAir2のスペック

 SoundPEATS TruAir2のスペックを下記に記載しておきます。

SoundPEATS TruAir2
BluetoothバージョンBluetooth 5.2(5.0)
重量約33グラム
再生可能時間イヤホン:約5時間ケース :約25時間
対応コーディックSBC/aptX
防水規格IPX4

aptXに対応している

 SoundPEATS TruAir2は通信コーディックのaptXに対応しています

コーディックについて簡単に説明すると、音質や音の遅延に影響する部分になります。そしてaptXは音質・遅延の両方が高い品質の通信規格になります。

対応コーディック遅延音質
SBC遅延あり標準
AACSBCよりも遅延しないSBCよりも高音質
aptXAACよりも遅延しないAACよりも高音質

価格が5,000円と安いにも関わらず、aptXに対応していて低遅延・高音質になっていてコスパが非常に高いです。

Bluetooth 5.2ではなくBluetooth 5.0となっているが...

取説

AmazonではBluetooth 5.2となっていますが、実際に取扱説明書を確認するとBluetooth 5.0の表記になっています。

後日、Bluetoothのバージョンについて公式SOUNDPEATSさんから連絡がありました。取扱説明書の表記を間違えてたみたいで正式な物はBluetooth5.2だそうです。

TruAir2取説

SoundPEATS TruAir2の電子版取扱説明書はこちら

豆腐
購入して取説のBluetoothバージョンが違っていても実際はBluetooth5.2なので慌てないように気を付けてください

IPX4防水

SoundPEATS TruAir2はIPX4防水対応なので、ちょっとした水濡れには問題ありません。

IPX4防水とは

水の飛まつに対して保護

IPX4防水であれば、少しの汗や雨程度の水なら問題ないのでウォーキング時に使ったりすることができます。

豆腐
水による故障の心配は少ない

付属品

付属品

付属品はUSB type-Cケーブルと取扱説明書の2つだけです。(シンプルイズベスト)

ACアダプターは付属していないので、自宅にある物か別途準備しましょう。

おすすめのACアダプターはこちら👇

SoundPEATS TruAir2の外観

TruAir2と500円

SoundPEATS TruAir2の外観ですが非常に小さくコンパクトです。画像では大きさが分かるように500円玉と比較しています。

TruAir2

ケースの重さは35グラムとめちゃくちゃ軽いです。

TruAir2

ケースを開くとイヤホンが収納されていて「L」「R」の表記がされていて分かりやすくなっています。

TruAir2イヤホン

イヤホンはよくあるうどん型で、棒の部分の長さが少し小さめになっています。

TruAir2

イヤホン単体の重さは4グラムと軽いので耳にかかる負担は少なくてすみます。

とにかく軽くて小さい

TruAir2

繰り返しになりますが、SoundPEATS TruAir2は非常に軽くて小さいです。このサイズであればデニムの前ポケットに入れて持ち運んでも邪魔に感じるようなことはありません。

小さければ小さいほど持ち運びに困らないのでワイヤレスイヤホンの大きさや軽さはかなり重要事項です。

充電ポートはUSB type-C

TruAir2充電ポート

SoundPEATS TruAir2の充電ポートはUSB type-Cポートです。これならtype-Cケーブル1本でまとめることができるので、不要なケーブルを持つ必要がありませんね。

最大25時間も使える長時間バッテリー

TruAir2バッテリー

ワイヤレスイヤホンを使う上で重要なのはバッテリーです。いくら良いワイヤレスイヤホンでもバッテリーがすぐに無くなるようでは全く使えません。

でもそんな心配はありません。SoundPEATS TruAir2はイヤホン単体5時間、ケースを使えば最大で25時間もバッテリーが持ちます。

通勤や通学中に間であればまずバッテリーがなくなる心配はないですし、休日に家で音楽を聴いていたとしても左右のイヤホンを交互に使えば1日中音楽を聴くことも可能です。

バッテリー残量が分からない

TruAir2

SoundPEATS TruAir2のケースは軽くてコンパクトですがバッテリー残量が全くわかりません。ケースのバッテリーは25時間持つとはいえ、バッテリー残量が分からないのは不安です。

イヤホンのバッテリー残量はBluetooth接続したスマホで確認することができますが、肝心のケースのバッテリー残量が分からないので定期的な充電が必要になります。

使用頻度にもよりますが、1~3日に1回の充電をおすすめします

イヤホン単体で操作できる

TruAir2イヤホン

SoundPEATS TruAir2はイヤホンのタッチパネル部分を触ることで色んな操作をすることができます。

タッチする部分はロゴの部分になっています。

操作方法
【右】1タッチ音量アップ
【左】1タッチ音量ダウン
【左/右】2回タッチ再生/一時停止/受話/終話
【右】1.5秒タッチ曲送り/着信拒否
【左】1.5秒タッチ曲戻り/着信拒否
【左/右】3回タッチ音声操作(Siri/Google)

一見難しそうですが使っていく内に覚えていけますよ。

これは自分だけかもしれませんが、イヤホンの出し入れの際にタッチセンサーに触れてしまい誤動作も少しだけ起こりました。逆に言えばタッチセンサーが敏感でちゃんと認識してくれているとも言えます。

SoundPEATS TruAir2の音質と装着感

TruAir2

ワイヤレスイヤホンで大切なことは音質と装着感の2つです。いくら安くても音質が悪かったり落ちやすいなどがあれば全く意味がありません。

音質は低音が低め

SoundPEATS TruAir2の音質は中高音が強く低音は弱めのシャカシャカ音が特徴的です。

音質は価格相応で、特別音質にこだわりがなく音楽を聞くことができれば問題がないって人に向いていますよ。

インナーイヤー型だから耳にかかる負担が少ない

TruAir2装着

イヤホンはインナーイヤー型なので耳にかかる負担が少ないので長時間の使用に向いています

装着した状態で頭を激しく振ってみましたが落ちるような感じもなく不安感もありません。

よほど耳が小さい人以外であれば問題なく使うことができます。

片耳でも使うことができる

SoundPEATS TruAir2は左右のイヤホンがそれぞれ音を受信する方法「左右独立受信方式」を採用しているので片方だけでの使用が可能です。これはかなり良いポイントになります。

片方だけのイヤホンを使う場面は結構あるし、ながら聞きするのはピッタリです。

さらに両方のイヤホンを使っていて片方のイヤホンをケースに収納しても残ったイヤホンの方は勝手に親機に切り替わります。これによって音質も安定したまま継続して使用することができます。

「cVcノイズキャンセリング」搭載で通話相手にクリアな音声を届ける

ノイズキャンセリングと聞くとAirPods Proのアクティブノイズキャンセリングと同じ物に勘違いしがちですが全くの別物です。

cVcノイズキャンセリングとは、通話時に外部の音(ノイズ)をクリアにして相手に自分の声を伝えやすくする物なので、通話中にはあった方がいい機能です。

SoundPEATS TruAir2を通話で使っても問題がありません。

SoundPEATS TruAir2は通話でも問題なく使える

ノイズキャンセルの機能も相まって実際に通話して音質の確認をしましたが、普通に通話することができました。

ちなみに電話番号を使った通話、LINE通話の両方を使いましたが問題ありませんでした。ハンズフリー通話はかなり便利です。

AAC非対応なのにiPhoneでもクリアな音質

iPhoneはaptXに非対応なので、SoundPEATS TruAir2をiPhoneで使うと嫌でもSBCコーデックになります。

正直SBCコーデックには期待していませんでしたが、想像以上に音も良く遅延も少なくてビックリしました。

SBCコーデックしか使えないiPhoneでも十分に使えます。

豆腐
いい意味でAAC非対応か疑ってしまいました

【まとめ】 SoundPEATS TruAir2はライトユーザー向きワイヤレスイヤホン

TruAir2

SoundPEATS TruAir2はインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンで、5,000円という価格にしては十分すぎるぐらいの性能です。

コンパクトで軽く、AAC非対応なのにiPhoneでも問題なく使えるのでコスパは高いワイヤレスイヤホンになっています。

ケース本体のバッテリー残量が分からないという欠点はありますが、1~3日に1回充電しておけば特に問題はないので、安くて使えるインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンを探しているなら1度チェックしてください。

豆腐
どうも、豆腐でした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事