TaoTroniccs SoundLiberty 88 レビュー

ワイヤレスイヤホンはAir Podsに限らず、たくさんの種類が発売しています。

特に多いのがカナル型ですが、カナル型は長時間つかっていると耳が痛くなるといった問題があります。

そこで耳に負担が少ないインナーイヤー型のワイヤレスイヤホン「TaoTroniccs SoundLiberty 88」をレビューします。

実際に使ってみて良かった点、ちょっとイマイチな点を紹介していきます。

豆腐
こんにちは、豆腐です

【SoundLiberty 88】1万円以下で買えるコスパの高いワイヤレスイヤホン

SoundLiberty 88本体

先に言ってしまうとTaoTroniccs(タオトロニクス)から発売している「SoundLiberty 88」はかなりコスパが高いワイヤレスイヤホンです。

その理由を下にまとめました。

  • インナーイヤー型で耳への負担が少ない
  • 充電ポートはUSB type-C
  • IPX7等級の防水性能
  • AIノイズキャンセリング搭載でクリアな通話が可能
  • 自動耳検知で簡単ON・OFF
  • 片方での使用もできる

これだけの機能が付いて価格が1万円以下ってかなり安くないですか?というか安い!

豆腐
これだけ機能がついていたらワイヤレスイヤホンとして合格!

【SoundLiberty 88】スペック

【SoundLiberty 88】のスペックは下記に記載しておきます。

SoundLiberty 88
Bluetoothバージョン5.0
対応コーディックSBC/AAC
通話ノイズキャンセリングEVEVOC AIノイズキャンセリング
再生時間単体約4時間/本体ケース約25時間
防水等級IPX7
充電ポートtype-C
ボタンタッチセンサー

【SoundLiberty 88】外観

SoundLiberty 88本体

まずは本体ケースですがマットな質感で非常に手触りも良くシンプルでカッコいいです。

収納ケースは片手に収まるサイズなのでカバンの中に入れてもデニムのポケットに入れても邪魔にならないサイズになっています。

SoundLiberty 88

開くとイヤホンとご対面。イヤホンを取りだしてみると

SoundLiberty 88イヤホン

イヤホンは初代AirPodsのようなインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンです。カナル型の密閉感が苦手な人にピッタリの形になっています。

SoundLiberty 88イヤホンの重さ
SoundLiberty 88ケースの重さ

イヤホンの重量は4グラムでとても軽く、ケース自体の重さも43グラムと軽いです。

SoundLiberty 88充電ポート

充電はUSB type-Cなので他の機器とも親和性があるのが嬉しいですね

SoundLiberty 88正面

正面にはバッテリー残量を表示するライトがあります。

【SoundLiberty 88】同梱物

SoundLiberty 88の同梱物

同梱物はイヤホン本体とUSB Cケーブルに取扱説明書が入っています。

豆腐
説明書はイラストのみの物と日本語対応したものが2枚入ってるから機械が苦手な人でも大丈夫

ペアリング一度繋げばOK

SoundLiberty 88はペアリングも超簡単で、一度繋いでしまえば次からはケースからイヤホンを取り出すだけです。

ペアリング方法

イヤホン本体をケースから取り出します。そうするとペアリングモードになります。

SoundLiberty 88イヤホン

スマホの「設定」から「Bluetooth」を選択します。

Bluetooth接続

SoundLiberty 88と出てくるので選択すればペアリングが完了します。

SoundLiberty 88接続
豆腐
これでイヤホンをケースから取り出せばいつでも使えます

インナーイヤー型だから耳が痛くならない

SoundLiberty 88装着

インナーイヤー型なので長時間つけてても耳が痛くなるということは起きません。試しに3時間ずつイヤホンを交互に使ってみましたが全く問題ありませんでした。

付けた感じはインナーイヤー型らしく密着感は感じられず、耳に負担は感じられません。

ランニング程度であればイヤホンの落ちる心配なし

夕日の中走る女性

インナーイヤー型の心配な点はイヤホンの引っ掛かりです。そこで音楽を聞きながら軽くランニングしましたが落ちることは全くありませんでした。

ただし、思いっきり頭を振るとイヤホンが吹っ飛んだので激しすぎる運動をするときは止めたほうがいいです。

豆腐
激しすぎる運動には不向き

音質は低音が強め

SoundLiberty 88の音質は低音が強めに感じました。

ただカナル型のように密着するタイプではないので低音が強めでも気にならないレベルです。

豆腐
でも低音を楽しもうとしてもインナーイヤー型は音漏れしやすいから音量に注意が必要

片方でも両方でも好きなように使える

SoundLiberty 88イヤホン

SoundLiberty 88は両方のイヤホンとして使うこともできるし、片方のイヤホンだけでも使えます。

これでランニング中は片方、家で作業するときは両方のイヤホンを使うなどの使い分けが出来て便利ですね。

豆腐
片方でも使えるということは場面に合わせて使い分けができるということ

イヤホンはタッチセンサーで簡単に操作ができる

イヤホンの操作方法を下記に記載しておきます。

【左/右】2回タップ再生/一時停止/終話
【左/右】1回タップ受話
【右】3秒長押し音量アップ
【左】3秒長押し音量ダウン
【右】3回タップ曲送り
【左】3回タップ曲戻し
【左/右】2秒長押し音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
豆腐
これだけ見ると難しそうですが、使ってみたらすぐに覚えられますよ。

スマホをいちいち触る必要がなくなる

スマホを触る女性

音楽を聞いてたり動画を見ている時に音量の上げ下げから再生・停止まで全てSoundLiberty 88で操作できます。

例えばランニングなどスマホがすぐに触れない状況の場合。

音楽を聞きながらランニングしている人は多いですが曲の切り替えや音量の上げ下げにその都度スマホを取り出すのはめんどくさいですよね。でもそこはSoundLiberty 88で操作すればOK。

豆腐
ランニングだけに限らず家事している時でもイヤホンで操作できるからめちゃくちゃ便利です

自動耳検出がめちゃくちゃ便利

SoundLiberty 88

SoundLiberty 88は1万円以下のワイヤレスイヤホンなのに「自動耳検出」機能が付いています。

自動耳検出とは音楽を聞いている最中や動画を見ている時でも耳からイヤホンを取るだけで自動で停止してくれます。

もう一度耳につければ自動で再生してくれる便利機能を搭載しています。

豆腐
話しかけられた時でもイヤホンを取るだけで自動で停止、また音楽を聞くときは耳に付けるだけ
地味だけど超便利

1万円以下なのに音楽も通話もしっかり使える

SoundLiberty 88

いくら安くても音楽を聞いたり通話で使えなかったら意味がありませんよね。

iPhoneとAndroidの両方で色々と試しましたが、音楽を聞くのもYouTubeなどの動画を見るのも問題なく使えましたし、電話番号での通話やLINEの通話も全く問題なく使うことができました

最近はZoomを使ったWeb会議もありますがZoomも問題なく使うことが出来て幅広く使えます。

豆腐
1万円以下のワイヤレスイヤホンでこれだけ使えたら十分すぎる

IPX7防水対応で雨にも汗にも強い

水滴

SoundLiberty 88はIPX7等級の防水機能が付いています。

ランニングに使ってみたり、汗を落とす為に水洗いしてみましたがそれでも問題なく使う事ができました。

豆腐
防水性能が高いから壊れる心配ないのは良いところですよね

Web会議に使うにはちょっとバッテリー持ちが不安

SoundLiberty 88バッテリー

音楽・動画と幅広く対応していてWeb会議にも使えるワイヤレスイヤホンですが、会社のWeb会議で使うにはバッテリーの持ちが少し物足りません。

本体ケースを使えば25時間バッテリーが持ちますが、片方のイヤホンだと4時間しかバッテリーが持たないので、1日テレワークするとなると休憩中に充電が必要になります

豆腐
バッテリーの持ちがもう少し長かったら良かった

【まとめ】SoundLiberty 88 レビュー

SoundLiberty 88は1万円以下で手に入るワイヤレスイヤホンとしては、かなりコスパの高いワイヤレスイヤホンとなっています。

USB type-C充電に防水機能も搭載。さらにAIノイズキャンセルや自動耳検知と機能がたくさん詰まってるいます。

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンを探している人にとって「SoundLiberty 88」はオススメですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事