PITAKA MagEZ

2020年に発売した iPhone 12シリーズは4種類もあって基本性能は変わりません。大きな違いはカメラの性能とサイズだけと言えます。

MagSafe機能が付いたり、角ばったデザインに戻って購入した人も多いでしょう。

そこで今回は iPhone 12シリーズの角ばったデザインを活かしつつも iPhoneを保護してくれる薄型ケース、「PITAKA MagEz」の実機レビューをします。

豆腐
こんにちは、豆腐です

PITAKA MagEzの特徴

PITAKA MagEzの特徴を下記にまとめました。

  • 素材は強靭なアラミド繊維
  • 薄さ0,85mm
  • 重さは12グラム
  • 金属プレート内蔵

PITAKA MagEzは使われている素材が防弾ベストなどにも使われている「アラミド繊維」で作られているのが1番の特徴になります。

アラミド繊維の特性は頑丈なのに薄く軽量という特性を持っています。

スマホを守る上で軽くて頑丈な素材というだけで安心感があります。

PITAKAのケースはMagEz Case、Air Caseの2種類がある

PITAKAのケースは種類が2つあります。

  • MagEz Case
  • Air Case

それぞれ微妙な違いがあってぱっと見では分からないので注意しましょう。

今回紹介するMagEz Caseには金属プレートが入っていて、Air Caseの方には金属プレートは入っていません。

Air Caseは金属プレートが入っていないので、更なる軽量化と薄さを極めたケースとなっています。

豆腐
ここは好みだと思いますが、MagEz Caseでも十分に軽いです

付属品

PITAKA MagEZ付属品

付属品は3枚の紙に薄いゴムのようなシールが2枚入っています。

このシールはケースをiPhoneに装着する前に、ケース内面に貼り付けます。

シール

おそらくカメラ部分との高さ調整で必要なのでしょう。

豆腐
説明書通りに貼っておきましょう

PITAKA MagEz Caseの外観

ここからはMagEz Caseの外観をチェックしていきましょう

PITAKAのケースはしま模様が特徴的です。分かりやすく言うとカーボン調と言う人もいます。

PITAKA MagEZ

ケース内部も同じ模様になっています。

ケースが薄いので iPhoneに装着してもサイズ感はほぼそのままです。

PITAKA MagEZ

このPITAKAのMagEz Caseは電源ボタンなどの部分を覆わないタイプのケースになっています。

豆腐
最近では珍しいタイプ

電源ボタン部分

PITAKA MagEZ

音量ボタン部分

PITAKA MagEZ

下部のLightning端子部分

PITAKA MagEZ

あとはなぜか上部の部分も空いています。

PITAKA MagEZ

ケースが全体を覆うタイプではないので iPhoneの破損などに不安があるかもしれませんが、角は守られているので落下して1撃でダメになるという可能性は低いと思っています。

豆腐
購入してから数回iPhoneを落としましたが今のところは無事です

カメラ部分は出っ張りがあるのでカメラを下にして置いてもカメラを保護してくれます。

PITAKA MagEZ

ただ薄型のケースなのでカメラ部分を下にして置くと多少のガタつきがあります。

豆腐
とは言えガタつきはあんまり気になりません

前面はディスプレイよりも少し高いので、置いても画面を保護してくれます。

PITAKA MagEZ

ただ薄型のケースはガラスフィルムを装着すると同じぐらいの高さになってしまいます。

PITAKA MagEz Caseの良いところ

メリット

ここからは実際に使ってみて良かったと感じたところをレビューしていきます。

高級感のあるデザインでカッコイイ!

PITAKA MagEZ

PITAKAのケースといえばこの高級感のあるデザインです。これがかなりかっこいい。

裸のiPhoneもカッコイイですが、MagEz Caseを付けるとまた違ったカッコ良さになります。

このカッコ良さは自分の支配欲を満たしてくれるカッコ良さでもあります。

程よいグリップ力があって手に馴染む

これは手に取って分かったことですが程よいグリップ感があって非常に手に馴染みます。

ケース自体が滑りにくい素材なのも良いところ!

今まで色んなケースを試しましたが、こんなに手に馴染むケースは初めてです。

金属プレート内蔵

PITAKA  マグネットシステム

PITAKAのMagEz Caseは金属プレートが内蔵されています。まるでMagSafeのようですね。

この金属プレートが内蔵していることでマグネットシステムが使えます。

例えば「MagEz Mount Qi DeskTop」と言うワイヤレス充電器。

PITAKA スタンド

マグネットでくっついているので空中に浮いている状態でワイヤレス充電できるスタンドになっています。

他にも「PITAKA MagEZ Juice」というモバイルバッテリーとワイヤレス充電器が一緒になった製品もあります。

PITAKAワイヤレス充電器
豆腐
PITAKAはケースだけではなく面白い製品が多いです

PITAKA MagEz Caseのイマイチなところ

デメリット

薄くてデザインもカッコいいMagEz Caseですが、ちょっとイマイチな点もありました。

値段が高い

正直言ってPITAKAのケースは安くありません。値段だけで見れば他にもっと安いケースはあります。

ただこのケースは値段以上の良さを感じれたので今は大満足していますが、購入する前は金額の高さに多少悩みました。

【まとめ】PITAKA MagEz Caseは薄くて軽い高級感のあるケース

PITAKAのMagEz Caseのレビューをしました。

決して安くないケースですが、見た目のカッコ良さ、普段の使用感と優れたケースになっています。

iPhone 12 miniの角ばったデザインを活かしながらもサイズや形状はそのまま使えます。

気になったらぜひチェックしてみてください。

豆腐
どうも、豆腐でした

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事