Anker PowerCore 10000

モバイルバッテリーは荷物になるし、あまり必要がないと思って使っていませんでしたが、ワイヤレスイヤホンやスマホの充電忘れ防止の為に「Anker PowerCore 10000」を購入しました。

そこまで使うことはないと思っていましたが、これ1つで色んなデバイスの充電切れの不安から解放されました。

豆腐
こんにちは、豆腐です

【Anker PowerCore 10000】定番中の定番!コンパクトで大容量のモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000

「Anker PowerCore 10000」は色んな角度から見ても、モバイルバッテリーとして百点に近いと言えるぐらいの性能を持っています。

その理由を下記にまとめました。

  • コンパクトで大きさはクレジットカードサイズ
  • 容量は10000mAhで困ることがない
  • iPhone、Android関係なく全てのスマホが充電できる
  • 価格が安く買いやすい
  • Anker製という安心感

上記5つの理由があってAnker PowerCore 10000をおすすめしています。

豆腐
モバイルバッテリーとして求められことは全てクリアーしていますよ。

Anker PowerCore 10000のスペック

Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000のスペックを下記に記載しておきます。

Anker PowerCore 10000
本体サイズ約92×60×22mm
重量約180グラム
入力5V=2A
出力(最大出力)5V=2.4A(12W)
その他機能PowerIQ搭載,VoltageBoost機能

サイズや重量については後で詳しく解説していきます、がスペックを見て気になるのは「PowerIQ搭載、VoltageBoost機能」です。

豆腐
分かりやすく言うと、適切な電流でムラなく充電することができます
PowerIQとは

ANKER社が開発した技術で充電ポートに機器(スマホなど)を接続すると自動で最適な電流を送るシステムです。

VoltageBoostとは

接続されたケーブルの抵抗値を調整してスムーズに電力を送るシステムのことです。

Anker PowerCore 10000の外観

Anker PowerCore 10000

大きさはクレジットカードサイズで非常にコンパクトです。表面はサラサラとマット調で手触りが気持ちがいいです。

Anker PowerCore 10000端子

右側に本体充電用端子、左側に端末(スマホ)充電用の端子差し込み口があります。

Anker PowerCore 10000

サイドにボタンがあり手動で電源のON/OFFができます。

豆腐
手動でON/OFFすることはないので、使う機会はほとんどありません

バッテリー残量はLEDの発光数で見ることができる

Anker PowerCore 10000
  • 点灯1つ:バッテリー残量1~25%
  • 点灯2つ:バッテリー残量26~50%
  • 点灯3つ:バッテリー残量51~75%
  • 点灯4つ:バッテリー残量76~100%
豆腐
残念ながら1%単位での確認はできません
あくまでも目安となります

Anker PowerCore 10000の同梱品

Anker PowerCore 10000の同梱品

Anker PowerCore 10000の同梱品は3つ

  • Micro USBケーブル
  • ポーチ
  • 取扱説明書

同梱しているものもシンプルですね。

豆腐
ACアダプターは付属していないので自宅のものを使用するか、別途購入しましょう。
注意

iPhoneに付属しているACアダプターは出力不足で使うことはできません。

おすすめのACアダプターはこちら👇

【Anker PowerPort 2 Elite レビュー】USB充電器ならコレを買っておけば間違いない

Anker PowerCore 10000の使い方はシンプル

Anker PowerCore 10000とiPhone7

Anker PowerCore 10000の使い方は非常にシンプルで簡単です。

USBコードを差す

モバイルバッテリーにUSBコードを差し込む。

iPhone7にUSBコードを差し込む

端末(スマホなど)にUSBケーブルを接続する

たったこれだけで充電が開始されます

豆腐
USBコードを接続するだけで充電が開始されます
複雑な設定は一切必要ありません

Anker PowerCore 10000はコンパクトで持ち運びの邪魔にならない

Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000はクレジットカードサイズの大きさと非常にコンパクトな上に、重さも180グラムとモバイルバッテリーの中でも軽量です。

デニムのポケットに入れて持ち運ぶこともできるほどのコンパクトサイズになっています。

豆腐
持ち運ぶことを考えてもコンパクトで邪魔になりません

iPhone11を約2回も満充電できる容量を持っている

バッテリー

バッテリー容量が10000mAhもあるので、iPhone11を2回も満充電にすることができます。

iPhone11を充電してもバッテリーに余裕があるので、ワイヤレスイヤホンの充電にも使っています。

豆腐
10000mAhもあるので、バッテリー残量を気にせずガンガン使えます。

コンパクトだけどコードも一緒に持ち運ぶ必要がある

巻き取り式USBコード

非常にコンパクトなAnker PowerCore 10000ですが、充電用にUSBコードを持ち運ぶ必要があります

コードの長さが短い物か、巻き取り式のUSBコードが良いですよ。

豆腐
巻き取り式のUSBコードなら使ってない時でもコンパクトで持ち運びにピッタリ。

【まとめ】Anker PowerCore 10000 レビュー

モバイルバッテリーは多くの種類があり、バッテリー容量や大きさ、重さなど細かくつがいがあります。

でもAnker PowerCore 10000はサイズもコンパクトで重さも180グラムと軽いのに、10000mAhもあるのでスマホなどのバッテリー切れの心配から解放されます。

充電用にUSBコードも持つ必要がありますが、短いコードか巻き取り式を買えば邪魔になることもありません。

モバイルバッテリーが欲しいならAnker PowerCore 10000を買っておけば間違いありません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事