MagSafe対応MOFT レビュー

スマホやPCのスタンドとして人気のMOFTシリーズ。

角度の調整ができる上に畳むと薄くなるのでスタンドとして非常に優秀で人気です。

自分もサブスマホやPC、iPad ProでもMOFTシリーズを使っています。

そんなMOFTから新しくMagSafeに対応した磁力で付くMOFTスタンドが発売されたので実機レビューしていきます。

豆腐
こんにちは、豆腐です

【MagSafe対応MOFT】付け外しができて便利だけど俺には必要なかった

MagSafe対応MOFT

iPhone12シリーズからMagSafeという新しい機能が追加されました。

その新機能でもあるMagSafe機能を利用したのが今回のMOFTスタンド。元々MOFTはスタンドとして優れたアクセサリーで愛用している人(自分含めて)は多いです

ただ、残念ながら今回のMOFTは微妙だった。いや、俺の使い方だと微妙だと思いました。

豆腐
そんな理由も含めて今からレビューしていきます。

MagSafe対応MOFTの外観

まずはNOFT本体の外観チェックからしていきましょう。

とは言っても外観は今までのMOFTとほとんど変わっていません。

MagSafe対応MOFT

裏側は磁石で吸着するので今までのシリーズのような粘着する部分はありません。

MagSafe対応MOFT

薄さは約5mmとかなり薄いのでiPhoneに付けても厚みは気にならないほどの厚みです。

MagSafe対応MOFT

重さは41グラムなのでiPhoneに付けても重たく感じるような重さではありません。

MagSafe対応MOFT

スタンドとして利用するには一部を引っ張るだけでスタンドに早変わりします。スタンド状態にするとカードを収納することができる部分が見えてきます。

MagSafe対応MOFT
豆腐
カードは3枚まで収納することができます
MagSafe対応MOFT

MOFT自体に磁石が入っているのでクレジットカードの類は入れないほうが良さそう。

カラーバリエーションはブラック、グレーなどがあるので自分好みの色を見つけられるはずです。おそらく今後は色んな色の物が販売されるでしょう。

MagSafe対応MOFTを使ってみて良かった所

メリット

ここからは実際にMagSafe対応MOFTを使ってみて良かった所を説明していきます。

いろんな角度で立てかけることができる

MOFTの良さは1番はスタンド機能の豊富さです。従来品同様に縦で置いたり、横にして置いたりとスタンド機能の特徴はそのまま活かされています。

MagSafe対応MOFT
MagSafe対応MOFT

さらに磁石で取り外しが可能なので少し高めの位置での横置きも可能になりました。

MagSafe対応MOFT
豆腐
目線が少し上がるから従来の横置きよりも見やすい

スマホリングの代用として使うことができる

MagSafe対応MOFT

MOFTは落下防止のスマホリングとして使うこともできます。iPhone12シリーズは従来のiPhoneよりも軽くなったとはいえiPhone 12 mini以外ではスマホリングをつけた方が良いと思います。

そんなスマホの落下という現代人の悩みもMOFTスタンドが解決してくれます。

MagSafe充電しながら動画視聴ができる

MagSafeで充電しながらスタンドとして使うことができるようになった今回のMOFT。

iPhone本体とMOFTの間にMagSafe充電器を挟みこむ事で充電できるようになっています。

俺はMagSafe純正品を持っていないので実際の使用感は試していないけど充電しながら動画を見ることできるようになりました。

ただし、長時間の使用はバッテリーに負荷をかけ過ぎるのでおすすめはしません。

MagSafe以外のワイヤレス充電にも対応できる

MagSafe対応MOFT

MOFT本体が取り外すことができるのでMagSafe以外のワイヤレス充電器を使うことができます。

豆腐
個人的にはMagSafe充電よりも従来のスタンドの方が便利なので嬉しい

MagSafe対応MOFTを使ってみて悪かった所

デメリット

今まではMOFTの良かった所を説明してきましたが、使ってみて悪かった所(デメリット)も説明していきます。

ケースをつけたら磁力が弱くなる

MagSafe対応MOFT

ケースなし(裸)でつけた場合はしっかりと付いてくれるMOFTですがケースをつけたら磁力が弱くなります

Magsefu対応の純正ケースであれば使えますが、サードパーティ製のケースはとにかく位置がズレる。片手で電源ボタンを押そうとするとズレる。

ズレる程度ぐらいちょっと直せばいいと思うでしょうがこれが地味にストレスでMagsefu対応ケースを使わない人にとってはかなり致命的。

でもこればっかりはどうしようもなくて、ケースを使う俺にとっては持ち運びができるスマホスタンドになってしまった。

豆腐
残念...

手元にあるPITAKAやTORRASのケースを使ってみましたがどのケースを使っても全て同じで、ケースが薄くても磁力が弱くなる。

豆腐
これならワイヤレス充電対応のスマホリングの方がいいかな

今はiPhone 12シリーズ以外では使えない

iPhone12

MagSafe対応ということで2020年の今はiPhone 12シリーズでしか使うことができません。

今後iPhone13(仮)でもMagSafe機能は付いてくると思うので引き続きiPhoneを使う場合は利用することができます。

豆腐
完全に専用スタンド

MagSafe対応MOFTスタンドはこんな人におすすめ

MagSafe対応のMOFTスタンドがおすすめな人は以下の特徴的がある人。

おすすめな人
  • ケースなし(裸使い)でiPhoneを使っている
  • 持ち運びができるスマホスタンドが欲しい

こんな特徴がある人はMagSafe対応MOFTスタンドがおすすめです。

【まとめ】MagSafe対応で使い勝手は良かったけど俺には必要がなかった

MagSafe対応MOFTのレビューをしてきました。

磁石でくっつくてくれるので取り外ししやすくMagSafe以外のワイヤレス充電器も使える。さらにスタンド機能は抜群で動画を見るときにめちゃくちゃ役に立ってくれます。

ただしサードパーティ製スマホケースを使うと磁力が弱くなって位置ズレのストレスがあるという弱点もあります。

スマホケースをつけてもケースなしの時のような安定した吸着があれば使っていたのにそこは残念な所でした。

今後は持ち運び用のスマホスタンドとして使っていきます。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

豆腐
どうも、豆腐でした

合わせて読みたい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事